就労系に強い!ビザ申請エイジア 福岡,佐賀,大分,長崎,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄 外国人在留資格(早い安い丁寧)経営,技術者・通訳,特定技能1号など

 

 
 
 
 
 

外国人の雇用,入管手続きに関するご相談は,エイジア法務事務所までお気軽にどうぞ。

新制度スタート

新制度スタート

 2019年4月1日,改正入管難民法が施行され出入国在留管理庁が誕生しました。当事務所もこの日2件の申請を行うことができました。おまけに入管の待合いのテレビで新元号「令和」の発表を観て..,いろいろと気持ちを新たにした一日でした。
   また同日,新就労資格「特定技能1号」もスタートし,専用窓口での登録支援機関の申請受付も始まりました。この資格で今後5年間で最大34万5150人の外国人労働者を受け入れることになります。

 外国人の雇用に関心をお持ちの企業様には,従前からの在留資格に加え,特定技能1号の概要等について無料でご説明にあがります。どうぞお気軽にお問い合わせください。

遠方からのご相談も承ります

 2019年4月4日,久しぶりに東京都庁に行きました。東京で働いていた頃は時々出向くことがありましたが,改めてその大きさに圧倒されました。
 当事務所は遠方からのご相談も可能な限り承ります。特に東京には,弁護士など協力事務所もございます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

特定技能1号 2名に初認定

   技能実習生として農業に従事するカンボジア国籍の女性2名に対し,新在留資格「特定技能1号」の初めての認定が行われたことが発表されました。また,この資格に関する「登録支援機関」として全国で8件が登録されました。(2019年4月26日 出入国在留管理庁)

 昨年6月の骨太の方針,同12月の法改正,そしていよいよ始まったという印象です。特定技能1号の概要や具体的案件のご相談など,どうぞお気軽にお問い合わせください。


 以下は昨年6月7日にブログにアップした記事です。10か月後に第1号が誕生しました。

 政府,外国人就労新資格の創設を表明 2018.6.7 

   中小企業の人手不足の深刻化を受け,政府は,6月5日に開催された「第8回経済財政諮問会議」において,外国人就労に関して事実上の方針転換となる表明を行いました。
   会議資料には,「従来の専門的・技術的分野における外国人材に限定せず,一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人材を幅広く受け入れていく仕組みを構築する必要がある」とした上で,外国人材受入れ拡大のため,新たな在留資格を創設することが明記されました。

技能実習制度 「宿泊」を追加へ

 2019年5月16日,法務省と厚生労働省は,外国人技能実習生の対象職種(現80種)に「宿泊」を追加する見通しを発表しました。決まれば,宿泊業においても最大3年の技能実習が認められるようになります。

ベトナム研修

ベトナム研修

   2019年6月,視察等の研修目的でハノイに行きました。全体的な傾向だとは思いますが,当事務所でもベトナムや台湾の若い人たちの案件が多くなっています。時々は彼らの出身国の現況なども見て,依頼者である採用企業様に情報や感覚などで後れを取らないように注意しておきたいと思います。
   近年ベトナムでは,送り出し機関等による日本語など教育面にも非常に熱が入っています。今回はある大型の送り出し機関で,授業の様子や校舎,設備,寮,実際の採用面接などを許可を得て拝見させていただきました。日本で働くことを夢見る若者たちの表情には,いつも考えさせられることが多々あります。
   手続きのことだけでなく,外国人の人材活用全般について,採用計画など初動の段階から企業様のお役に立てるような事務所でありたいと考えています。ぜひ,最初の一歩のご相談先を探していらっしゃる場合は,当事務所にもどうぞお気軽にご連絡くださいませ。

Fukuoka 特定行政書士 エイジア法務事務所
〒810-0003 福岡市中央区春吉3-21-21春野ビル11F
TEL 092-775-2996
福岡~沖縄を中心に,遠方(東京以西)からのご相談を承ります。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

福岡,北九州,久留米,筑紫野,太宰府,飯塚,大牟田,春日,糸島,宗像,大野城,佐賀,唐津,鳥栖,大分,別府,長崎,佐世保,諫早,熊本,八代,宮崎,都城,延岡,鹿児島,霧島,薩摩川内,鹿屋,奄美,名瀬,沖縄,那覇
福岡出入国在留管理局,北九州出張所,博多港出張所,博多空港出張所,佐賀出張所,長崎出張所,対馬出張所,熊本出張所,大分出張所,宮崎出張所,鹿児島出張所,那覇支局